古民家解體新書Ⅱ公式ページ

古民家を未来に残すための124の知識

 

古民家解體新書Ⅱは、

厚生労働省認可財団法人職業技能振興会認定資格

古民家鑑定士 伝統資財施工士


一般社団法人住まい教育推進協会認定資格

伝統再築士 古材鑑定士 新民家プランナー


の公式教本です。


更新情報

毎週金曜日に更新しています


平成27年6月5日 巻の零をアップしました。

          巻の壱をアップしました。

6月19日 巻の壱 伝統構法と在来構法のメリットデメリットをアップしました。

6月30日 巻の壱 建築工法の種類をアップしました。

7月 3日 巻の壱 伝統構法の特徴をアップしました。

7月 9日 巻の壱 在来構法の特徴をアップしました。

7月17日 巻の壱 伝統構法と在来工法の地震に対する考え方の違いについてアップしました。

7月24日 巻の壱 今と昔の住まいの違いについてアップしました。

7月31日 巻の壱 古民家の歴史についてアップしました。

8月 7日 巻の壱 古民家の種類並びに巻の零と巻の壱に図表や写真をアップしました。

8月17日 巻の壱 古民家の持続可能性についてアップしました。

8月21日 巻の壱 構造の変遷についてアップしました。

8月28日 巻の壱 「ハレ」と「ケ」についてアップしました。

9月 4日 巻の壱 「結」についてをアップしました。

9月11日 巻の壱 古民家の残棟数についてアップしました。

9月17日 巻の壱 移住定住と二地域居住についてアップしました。

9月25日 巻の壱 日本建築の歴史についてアップしました。

10月2日 巻の壱 持続可能な社会についてアップしました。

10月10日 巻の壱 古民家の持続可能性についてアップしました。

10月16日 巻の壱 古民家の夏を快適に過ごす工夫をアップしました。

10月23日 巻の壱 左官と右官についてをアップしました。

10月30日 巻の壱 書院と数奇屋についてをアップしました。

11月5日 巻の弐 地球温暖化についてアップしました。

11月13日 巻の弐 森林破壊に関する問題アップしました。

11月20日 巻の弐 伝統的建造物群保存地区についてアップしました。

11月30日 巻の弐 重要文化財制度、カーボン・フィグゼイションについてアップしました。

12月18日 巻の参 参の一石場建て工法、参の二礎石の材質と形状、参の三三和土を公開


書籍名に使った「體」という字について…


「古民家解體新書Ⅱ」の「體」という文字は、杉田玄白の医学書「解體新書」と同じく骨に豊という文字を使っています。

「體」という字は、全体を自然なる形として成立させる根本で、かつ形として生じている様を示す”という意味で、表面的な意味と内面的な本質を示す意味の二通りを持っています。


古民家の骨組みは現在の住宅に比べ大きく立派な構造でもあり、古民家という日本の住文化の構造や仕上げを学ぶとともに、未来の子どもたちのために残していきたいという内面的な願いも込めて付けています。


しかし、旧字であり一般的とは言えないため「体」という字でも併記し、書籍名の登録に関しては「古民家解体新書Ⅱ」とも表記させて頂いております。

 

書店ご注文の場合はどちらの漢字でもご注文いただけますし、書籍1冊1冊に振られるISBN番号 978-4-88338-582-9 でもご注文いただけます。



ご注文はこちら…